B.T.T.B ~原点回帰~

自分の舞台の稽古場日記や独り言なんぞを書いております
芝居じゃあーー!!
昨日のワークショップの時に元劇団員のSさんから3月にやる2人芝居を手伝ってよと言われ、早速今日の練習におじゃましました。

場所は市内某公民館。

Nリンから「ラジカセ忘れた!!」と言われてビックリ。
どんな感じなのか見学のつもりだったのでアップ用CDを持って来てない。
Nリン、自分用のCDを蜂の公演の時にアップ用で使っていたらしいのだが、そのCDが行方不明になったらしい。
CDを焼いて欲しいと言われたんで明日にでも焼こう。
ついでに言えば自分が持っているのはPC用でラジカセでは再生されないのでまた1枚焼くか。
日野と境高校にあげちゃったからねぇ。

軽くストレッチして呼吸と発声をやる。
まぁ、ホントに今日は超軽めです。

この後、遅れてKさんが来たので台本討議と読み合わせが始まりました。
台本はまだ修正をかけていくようです。
既にやる気満々になっているので初期の段階の印刷したシナリオを1部貰いました。
基本的に読解力が乏しく、一度読んだくらいでは理解出来ない人なので何度も読まないとダメなのですよ、私は。
まだまだ修正をかけるそうですが面白い作品になりそうです。
個人的に好きな系統の作品ですな。

次回は27日の日曜日で集合時間は朝9時。
裏方での参加になりますが面白くなってきました。
公民館を出てからNリンから来年の「アレ」について某氏からの伝言を受け取りました。
来年もやるならば当然参加しますとも( ̄ー ̄)ニヤリ

あと、今日の集まりの時に先月、境港市民会館で上演した母校の舞台写真をKさんに預けました。
同期のY氏から預かっていたのでね。
MノリやAちゃんは最近ここを見てるのかな??
おそらくKさんから顧問のT先生を経由してになりそうだけども、写真を受け取って下さいな。
[PR]
# by csb-01 | 2009-12-21 23:58 | 稽古日記
コミュニケーションワークショップ&第2回指導者養成講座
鳥取県文化振興財団主催のワークショップに朝から参加して来ました。

午前10時から午後4時までがコミュニケーションワークショップで午後6時から午後9時までが指導者養成講座でした。
どちらも講師は「演劇集団 風」の西垣耕造さんです。

主としては夜からの指導者養成講座が私の場合はメインなのですが、コミュニケーションワークショップの内容と連動しているので両方参加。
コミュニケーションワークショップには日野町のミュージカルに参加した高校生のT君と高校の演劇部時代の同級生S嬢の愛娘のHちゃんも参加。
T君は来年も日野町でやりたいということでいろいろ勉強したい気持ちを持っていたので誘い、Hちゃんは来年、日野町でやりたいと言ってくれているのと将来的に高校でも演劇をやる気持ちを持っているので最初のスタートとしてこの講座を受けるのが良いだろうということで誘いました。

コミュニケーションワークショップではゲーム感覚で楽しくやれるものをいくつか行ないました。
相手をしっかり受け止めるものや相手との距離感を取るもの、集団での空間を皆で創る事など...子供から大人まで楽しくやれました。
中でも午後からやったテーマに沿ってある言葉を喋って演技をしながら椅子取りゲームをするのは楽しかった。
いくつかの事を同時進行でやりながら周囲の状況をきちんと幅広い視野で確認し、自分のポジションを確保するのが主旨なのだけれども、意外と難しいのですよ。

他にもいろいろとやりましたが来年の日野町で子供達の訓練として使えるものもあり、とても良かったです。

夜からは第2回目となる指導者養成講座。
昼間に行なったコミュニケーションワークショップの内容についてその目的や主旨について細かい説明や集団で出来るワークショップについての説明と実技、そして、今、指導する立場での疑問点についての質問等....盛り沢山でした。
この夜の講座は日野町で指導する立場にある私にとってとても有意義なものでした。
講師の西垣さんが自身が構成演出された子供達のミュージカルの事についてお話しをされた内容は自分や一緒に日野町でやっているN君にとって心に沁みるものでした。
今、日野町で子供達に対して....良い芝居を創っていくという事はもちろんですがそれ以上に演劇を通じていろいろな事を自分から感じて学んでいって欲しいという気持ちで私は取り組んでいます。
西垣さんはただ良い芝居を創るだけでは自分の負けで出来る限りワークショップをやっていろいろな事を感じて学んでくれる子になって欲しいという気持ちで取り組んでいたということを話されて、その話しを聞いた時にとても嬉しい気持ちになりました。

稽古期間において稽古が上手くいかなったり、子供達への対応について自分のやり方は間違っているのだろうかと疑心暗鬼になることが多々あります。
時として出口の見えない迷路に入り込んだ状態になり、精神的にも辛く、もがき苦しむ事も....
西垣さんの話しを聞けた事で自分がやって来た事は間違いではなかったという確信が得られたのがとにかく嬉しかった。

この先の自分の演劇人生においては自分がやりたい芝居をやるという事よりもこれからの鳥取県の演劇界を支えてくれる若い世代の育成と演劇を通じて色々な事に興味を持ってくれる人材の育成に力を入れたいと思ってます。
もちろん芝居をするということはしますよ。
でも、若い世代の育成という事は物凄く大変な事です。
精神的には結構タフなつもりですがそれでも辛いことやしんどいことが正直多い。
そうすることを選んだ以上は避けることが出来ないわけですが、もっといろいろなことを勉強していかなければと改めてそう思いました。
来月の第3回の講座も非常に楽しみです。


さて、最後に話は変わりますが....

夜の講座に参加していた市内某劇団の代表(で良かったっけ?)で3月の財団の舞台の原作を書いたS氏から3月に予定している2人芝居を手伝ってよと言われました。
一緒に講座に参加していた大女優氏からも「稽古に来てよ」と言われ、この際なので参加する方向で。
芝居終わると暫らく休みたいと思うのだけども、1週間もすると芝居やりたくなる病が発症してしまうのですよ。
カンペイちゃんじゃないけど「止まると死ぬのじゃ~~」という感じで(笑)
芝居で動いていないとダメみたいです、私の場合。
日野町が動き出すのは5月からなので全然問題なしだし、母校の演劇部第4顧問のK先生も参加されるしね。
特にK先生とは一度同じ舞台をやりたいと前々から思っていたのですよ。
それにこの時期から春にかけてがそれこそ自分のやりたい芝居が出来る時期なのでね。
明日、集まりがあるそうなので早速顔を出しに行く事になりますね。
[PR]
# by csb-01 | 2009-12-20 23:59 | 稽古日記
冬眠??
今日は自宅から1歩も出ずにさらにはほとんどの時間を布団の中で過ごすという、さながら冬眠状態な感じな1日でおました。

雪が結構降りましたが山間部は凄い事になっていそうだが。

夜は白菜と豚肉の蒸し鍋を食べて今は酒飲んでます。

明日は朝から晩までワークショップです。
午前10時から午後4時までと午後6時から午後9時までの2つ受けます。
楽しみながら勉強してきますわ。
[PR]
# by csb-01 | 2009-12-19 23:45 | 日記
雪の中...
今日はさすがに雪が積もりましたな。

仕事は県内中部地区某所へ機械の撤去と納品。
とにかく寒い。
撤去と納品の日には出来る事なら快晴もしくは曇りが良いんだけども、あいにくの雪。

現地に到着してからまずは飯。
洋定食が美味しかったあの店がすぐ近くなんだなぁ。
でも、シェフが辞めたのかもう1軒の方へ移動したのか洋定食がなくなっていたので生姜焼き定食食べたよ。
相変わらずガッツリいけますな。

飯を食べた後は仕事に突入。
天候的には雪で風も強いので最悪でしたが、納品時には何と瞬間的に雪がやんでくれたのでラッキーでした。
今回納入した機械は先月から販売開始された新機種。
初めてということもあり、設置に若干手間取りましたが問題なくいけました。

そして夕方に帰宅。

帰宅して着替えてPC開いてメールを見たら1通のメールが。
どうやら遂に動き出すらしい。

これは芝居なんだけども、おそらくあの時期だろうから日野のミュージカルの稽古期間と思いっきり被る。
ただ、向こうはミュージカルよりもかなり早い時期に公演があるし、ミュージカルの稽古がそれほどしんどい時期ではないのだけれどもね....過去のいきさつを考えるとどうなんだろうと思う。
何だかんだと気になるのだけれどもね。

声をかけて頂いたということは本当にありがたいことです。
ただ現状においては自分の中でクリアされなければいけないことが多過ぎる...と私は考えてます。

それは日野の事もそうだし、その他諸々とね。
特にその他諸々が一番やっかいだったりするんだが....
また連絡を頂けるとの事なのでそれまでの間に熟考したいと思う。
[PR]
# by csb-01 | 2009-12-18 22:54 | 日記
寒!
一気に寒くなりましたな。

山間部では雪が薄っすらと積もったようですが明日は結構降るような....
明日の仕事は機械の撤去と納品だから雪が降らない方が良いんだけどね。

積もる事も考えて今日タイヤ交換しましたよ。
ついでにオイルとエレメントの交換も。

今度の日曜日はワークショップなんだけども雪は降らないで欲しいなぁ。
[PR]
# by csb-01 | 2009-12-17 22:45 | 独り言
DVD鑑賞記
昨晩ですが母校の顧問の先生から受け取ったDVDを鑑賞しました。
受け取ったDVDは3枚で1枚は高校時代の合い方Y氏の分で2枚が自分の。
1枚は中国大会での母校の上演DVDでもう1枚は中国大会で最優秀賞を獲得した島根県代表の三刀屋高校演劇部の上演作品「おにんぎょ」の上演DVDでした。

母校のは後で見ることにして、三刀屋高校のを観ました。

物語の内容はというと...いつも公園にいる怪しいおばあちゃんは小さい頃に異人さんの女の子と理解し合えなかったという過去を抱いて生きている。ところが子供達の会話の中から思いもしなかった事実を発見する....

とにかく役者が皆、上手い!
おばあちゃん役は高校生がやっているんだけども、ホントに高校生?と思ってしまったほど。
子供役も動きやしぐさまで子供らしく見事なものでした。
ハイスピードな台詞のテンポでいったかと思ったら、じっくりとゆっくり聞かせるところもあり、メリハリがあって非常に良い。
台詞の早いところはかなり早いのだけどもきちんと言葉が伝わる。
これは凄いわ。

あと空間の表現力が良くて照明、音響、スモークを見事に使いこなしていた。

これらが良くても役者の演技がついていかなければ表現力が軽いものになるんだけども、役者という土台がしっかりしているから照明や音響の効果を最大限に生かせるんだろうね。
DVDで観ていてそう思ったわけだからこの舞台を生で観たらどうなのだろう。
今度の日曜日に出雲市で公演されるそうですが、その日はよりによって終日ワークショップに参加する日。
高校時代の友人Y氏は観に行くらしいが彼はどう感じるか聞いてみたいものだ。
やはり良い指導者(顧問のK尾先生)がいるだけの事はある....これに尽きますね。

さて、ここからは....
母校の部員達には悪いが敢えて言わせて貰おうか。

今の時点では赤ん坊と大人というぐらいの差がある。
一言で言えば全く話しにならない...といったところだろう。

しかし、心配することなかれ....

追いつけない差ではないのだよ。

これまでに何度も来て教えた基礎練習が全てしっかり出来るようになればそのレベルには充分到達出来る。
いろいろな練習をさせているが、いくつかの事を同時にやるものが多い。
その練習ひとつひとつの本来の目的をきちんと理解して行ない、それが出来るようになると演技全体のレベルは間違いなく上がる。
いろいろな練習のやり方は覚えてくれたのだが、最近はその練習が本来の目的からややハズレて来ている節がある。
後輩達よ、言っている意味が分かるかな??
今やっている練習の本来の目的というのを考えてみてほしい。

次に来る時までにそこのところを考えてしっかりやるようにして実際に出来るようになって欲しいと思う。
そうする為にはしっかりとした目的意識と自分を解放すること....いいね?
[PR]
# by csb-01 | 2009-12-15 21:37
稽古場日記2009(12月14日)
今日は母校の練習の方へ行きました。

中国大会が終わり、お疲れさんというのもあって差し入れ持参で行きました。
今日来ていたのは1年生全員と2年生は貞子とゆりっぺ、3年生はF嬢。

中国大会で審査員の講評で基礎力が足りないと言われていたので基礎練習をやりました。

アップをしてからいつもやっている呼吸をしてからこれまでやっていないステップを踏みながらの呼吸をやる。
そんなに難しくないはずだが、うまく出来ない子もチラホラ。
あとは発声をやりましたが、長音をする際に口の開きと表情筋の動きを確認。
これらを説明しながら1人1人時間をかけてやらせてみた。
すんなり良い感じになる子もいれば、出来ない子も。
Sッキー、C坊は比較的良かったね。
普段意識してやらんだろうからすぐには無理かな。
これを意識して上手く出来るようになるとかなり変わってくるのだがね。

とにかく声がしっかりと出せない事には話しにならん。
出せるだけの基礎体力は充分ついてるはずだから出せなくはないのだろうがまだ出し方が分かっていない。
こればかりは各自の意識の持ち方次第だな。
下手すると来年入って来る1年生の方がすんなりと覚えてしまうという可能性もあるわけで早くマスターして貰わないとね。

発声中心の練習を午後5時半くらいまでやり終了。
差し入れで持って来たドーナツを皆で食べました。
そんでもって部員から中国大会のお土産を貰いました。
岡山名物のアレと携帯のストラップ。
ストラップはなかなか面白いのだったので気に入ったよ。
早速携帯の装着したよ。
ありがとう!!

あと顧問のT先生からは中国大会の母校の舞台と島根県代表で全国大会出場を決めた三刀屋高校の舞台のDVDを頂きました。
今から早速観てみる事にします。
[PR]
# by csb-01 | 2009-12-14 21:59 | 稽古日記
観劇記(12月13日)
今日の午後1時から淀江町文化センターさなめホールで行なわれる芝居を観に行きました。

「妄想ユニット デルタ」の『キャンドルは燃えているか』です。
日野町、米子市、倉吉市の計6つの劇団から参加した精鋭たちによる合同での公演。
11月末に日野町で公演がありましたが、その時は観に行かなかったので今回行く事にしました。

率直な感想は面白かったです。
約2時間で休憩なしでしたが時間の長さはあまり感じませんでした。
さすがに精鋭達が揃っているので安心して観ていられました。
全体としてもすっきりとまとまっていましたが欲を言えばもう少し各劇団のカラーというか多少の粗さがあった方が良かったかなという感じ。
キレイにまとまっていましたが、誰か突出していても良かったかなぁという感じ。
パンチ不足な感じが多少ありました。
密かに坊っちゃんのウダウダ感と間違えたら皆に奢りという台詞に期待してましたが、まとめやがりましたなぁ(笑)
まぁ、もう二度と一緒の舞台に集まらないだろうというメンバーが揃っていたのでもっと弾けていたら面白かったかも。

ひとつ気になったのは音響が弱かったかな。
全体的に音量が小さ過ぎた感じがありました。
ピストルの効果音が妙に小さかったし全体的にBGMも小さめでもう少しレンジ上げても良かったかな。

役者で気になったのはOダッチ。
キャラ作りでわざとそうしていたのか否かは分からんが何となく棒読みっぽかったかな。
でも、逆にキャラが立っていて面白かったんだけどね。
副長、どうなんでしょ?(ちゃっかり聞いてみたりする)
あと、竜野さん役ですが....紋次郎の時の役と感じがそう変わらん気がしたんだが気のせいだろうか?
非常に良い声をしているのだけども、全体的に語尾が消えて台詞の最後の方の言葉が聞き取りにくかった。
最前列中央で観ていたので聞き取れるのは聞き取れるのだけども、おそらく最後尾のお客さんは聞き取りにくかったんではないだろうか。

これは彼だけではないんだけども、観ていて基礎の部分が普段からきちんとやっているのかどうかが何となくだけども分かった感じがしたかな。

個人的には「め~」ちゃんと尊長のRちゅんがツボでした。
「め~」ちゃんは相変わらず上手いね。
きちんとキャラを作っていたし、中学生という設定だけども、ホントにそう見えました。
そんでもって気になったのだがパンフの中にRちゅんの名前がなかったんだけども、あれはなぜ??
役者で出ていたのに名前が載ってなかったというのは???

あとはこの方を書かねばなるまい。
さんふぃ局長殿です。
かなり出番の多い役でしたが非常に安定した演技で良かったです。
稽古の時は本当に大変だったのではないでしょうか。
日野町で主婦業をしながら稽古に参加していらっしゃいますが、お子さんの事や地区の行事等でいろいろあった時には稽古に行きたくても行けない....他のメンバーと比べてもどうしても稽古不足になるでしょうし、気持ち的に焦る事も多々あった事は容易に想像出来ます。
しかしながら制約の多い中で自分が今やるべき事、その制約の中で自分に出来る事を本当に一生懸命されていたのだなぁというのが演技を通して伝わって来ました。
家族の理解があって芝居をすることが出来ているというのはもちろんですが、何よりも一緒に芝居をする仲間からの絶対的な信頼があるからこそなのでしょうね。

今回でこのユニットは解散となりますが、何年か先にまた集まってやって欲しいものです。
6劇団一緒は無理でも2、3劇団一緒にでも良いのではないかと思ってます。
色々な交流が計れたわけですから今回限りにするのは絶対もったいない!!!

今日の芝居を観て、芝居がやりたくなる病が出てきましたな。

本当に皆様、お疲れさまでした。


追伸:
副長殿、総合演出お疲れさまでした。
これだけの劇団の人間をまとめていくのは大変だったかと思います。
良い芝居を観させて頂きました。
[PR]
# by csb-01 | 2009-12-13 22:09 | 観劇記
ヤマト復活!!
宇宙戦艦ヤマト復活篇の今日の朝一番の上映を観に行きました。
早めに行ったのですが人が凄かったですね。
今日から上映される「ワンピース」のお客さんが凄い多かったです。
映画館での並びは「ワンピース」は別の列になったのですんなりとチケットを買えました。

そんでもって席は一番見やすい列のど真ん中(笑)
じっくりと堪能して来ましたよ。

最初はもうヤマト全作品共通のあの始まり方でした。
ナレーションが入ってからスキャットが入る....もう、痺れましたわ。

松本零士氏が係わっていないのでキャラの感じが随分と変わりましたが、古代進は見ていてあまり違和感はありませんでした。
今回、デスラー総統は出ませんでしたがデスラーの声をされている伊武雅刀さんのゴルイ提督は渋くてとても素敵でした。
伊武さんは声優としての出演オファーが結構入るそうなのですが、ほとんど断っているそうです。
しかしながら、ヤマトだけに関しては相当な思い入れがあるようでヤマトだけはという感じなのだそうです。

敵味方関係なく戦艦のデザインが随分と洗練された感じで完結編からの流れからいくと変わり過ぎたかなと思いましたがYAMATO2520で戦艦のデザインを手がけたシド・ミードの影響をかなり受けていますね。
今回のヤマトは基本的にCGなのですが予告編を見た時には違和感を感じていたのですが、劇場で見たら違和感ありませんでしたね。
内部の作りはかなり細かく作り込んであって「新型宇宙戦艦ヤマト」という感じでした。

ヤマトと言えばやはり戦闘シーン。
この戦闘シーンが迫力あって凄かった。
特に6連波動砲を発射する場面はね。
現在の技術力をいかんなく発揮して作られていた印象です。

さて、次はストーリーですが...
観ていて思ったのは近年の中東情勢をモデルにしているのかなという感じでした。
移民先のアマールの人達の感じもそうだったしね。
ストーリー的には盛り沢山。
ただ、内容が盛り沢山過ぎて内容をかなり詰め込んだ印象です。
古代進と愛娘の美雪との確執やアマールに移民するまでの過程だったり、各キャラクターの人間模様が2時間15分という時間の尺では短くて説明不足になってしまった感じかな。

そんでもって注目のラストですが....

原案者の石原慎太郎が書いた当初の内容とは違った結果になってました。
この復活篇はどうやら二部構成のようで復活篇第二部へと続くようです。
どのエンディングが選ばれたのかは劇場でご覧になって下さい。
一言で説明するならば...

『運命を切り開いていく道を選んだ』



といったところですね。
復活篇第二部が作られるかどうか分かりませんが出来れば作る方向でいって欲しいものです。
そして、劇場版二部が終わった暁にはテレビシリーズでやって欲しいかなと。
じっくりと見せていくならば劇場版よりもテレビシリーズの方がさらに良い作品になりそうなので。
最後に選ばれなかった方のエンディングも見てみたいなぁ。
DVD化されたら一緒に収録されると良いけど。
[PR]
# by csb-01 | 2009-12-12 23:59 | 日記
バッサリ!!
昨日、市内某町のラーメン屋で野菜たっぷりのラーメンを食べたら見事なまでに腹を下しました(´Д⊂グスン
今日の昼ぐらいには治りましたが必要以上に使われていた化学の力で食ってる途中で気持ち悪くなったんだよなぁ。

午前中はとにかく腹の調子が悪くて大変でしたわ。

で、そんなことは置いといて....
ミュージカルが終わったら髪を切りに行こうと思っていたのに何だかんだと行けずに髪も伸び放題。
夏前に横と前は少し切ったけども、後ろ髪は去年のミュージカルが終わった時に切って以来丸々1年伸ばし放題。
後ろは実はそんなに気にならなかったけども、前髪がとにかく鬱陶しくて仕方なく今日の夕方に時間が取れたので切りに行きました。

そんでもってバッサリ!!!と切りました。
頭が随分と軽くなりましたがぶっちゃけ寒いです(爆)
まぁ、これで暫らく鬱陶しくはならないのは良いですが風邪引きそうだな。

明日は午前中に映画を観に行きます。
言うまでもなく観るのは「宇宙戦艦ヤマト復活篇」だ。
どちらのエンディングになったのか気になりますな。

夜は元劇団員数名と忘年会。
話す内容は....まぁ、来年のアレですな。
万一、話が来て自分のスケジュールの調整が何とかなるようなら考える事は考えるが自分としての優先順位からすると最優先ではない!(キッパリ)
それ以前に声かからん気がしているがね。
[PR]
# by csb-01 | 2009-12-11 22:35 | 日記


by csb-01
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
掲示板
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧