B.T.T.B ~原点回帰~

自分の舞台の稽古場日記や独り言なんぞを書いております
カテゴリ:稽古日記( 157 )
稽古場日記2009(12月27日)
これがおそらく今年最後の稽古場日記になります。

今日は朝9時から市内某公民館で2人芝居の稽古。
母校演劇部顧問のKさんは急な用事が出来たらしく欠席につき、参加者はS谷さん、Nリン、私の3人。
Nリンから頼まれていたアップで使う4曲をCDに焼いて来たのでそれを使ってアップをする。
アップの後、呼吸と発声をやりました。
その後、S谷さんが以前、鐘下さんの演出の舞台に参加した時にやっていたトレーニングを少し行なう。

基礎練習の終了後、少し休憩してから台本についての話し合い。
話し合いの後、台本の読み合わせ。
Kさん欠席につき、私が代役でKさんの役の台詞を読む。

読み終了後、来年の集まる日を決める。
年明けから本格的にスタートしそうな感じになってきました。
台本はとにかく面白くなりそうなので裏方での参加とはいえ、楽しみだ。


夕方から今度は日野町の方へ。
行きがけにミュージカルに出演した高校生のT君の家に立ち寄り、車に乗っけて開発センターへ。
午後5時から先月行なわれたミュージカルの打ち上げです。
皆でわいわい話しながら楽しい時間を過ごしました。
N君は小学生のRちゃんとKちゃんのドSコンビにイジられまくり、T君は女の子達にモテモテ??
楽しかったよ。

私は町長と会長から労いの言葉をかけて頂きました。
内容は書きませんがそこまで言って頂いた事に本当に恐縮でした。
まだまだ自分には力不足の面はあるのですが今年の反省は必ず来年へ活かそうと思います。
その為に自分自身ももっと勉強していかなければなりませんし、スキルアップしていかないといけません。

午後8時に打ち上げが終了。
片付けた後、首脳陣+T君とで二次会へ。
T君を連れて行った理由は送り迎えは私がしているから(爆)
二次会の店に行ったら主役のR子とMちゃんがお母さん達と一緒に来てました。
T君を子供達のところに置いておいて大人達は離れた席でいろいろな話を。
N君が来年9月のあっちの芝居へ参加したいということもあって、それについての話しを本人交えてしました。
彼は来年は基本的にあちらの芝居を優先という形になります。
その代わり私がやるであろう演出助手の補佐はやって貰おうかなと。

来年はおそらく私にとっては常時掛け持ちの状態で芝居をすることになります。
かなり大変になる事は予想出来ますが、さらに来年の日野町のミュージカルで考えている....というか演出家に要望出そうと思っていることをやるとなると「ワシ大丈夫か??」という感じになる可能性大。
他にもいろいろと考えている事もありますが今はまだ内緒ですわ。

午後10時過ぎに二次会がお開きになって今年のミュージカルの行事は全て終了!!

大変な事ばかりだったけど、皆でこうして笑顔で終える事が出来たのは本当に良かったな。
来年も頑張りますわ。

明日は仕事納めで午前中に鳥取方面へ行きます。
昼前には終わるので午後から倉吉で行なわれる高校演劇の自主公演を観に行きたいと思います。
それではおやっしゅ!!
[PR]
by csb-01 | 2009-12-27 23:59 | 稽古日記
芝居じゃあーー!!
昨日のワークショップの時に元劇団員のSさんから3月にやる2人芝居を手伝ってよと言われ、早速今日の練習におじゃましました。

場所は市内某公民館。

Nリンから「ラジカセ忘れた!!」と言われてビックリ。
どんな感じなのか見学のつもりだったのでアップ用CDを持って来てない。
Nリン、自分用のCDを蜂の公演の時にアップ用で使っていたらしいのだが、そのCDが行方不明になったらしい。
CDを焼いて欲しいと言われたんで明日にでも焼こう。
ついでに言えば自分が持っているのはPC用でラジカセでは再生されないのでまた1枚焼くか。
日野と境高校にあげちゃったからねぇ。

軽くストレッチして呼吸と発声をやる。
まぁ、ホントに今日は超軽めです。

この後、遅れてKさんが来たので台本討議と読み合わせが始まりました。
台本はまだ修正をかけていくようです。
既にやる気満々になっているので初期の段階の印刷したシナリオを1部貰いました。
基本的に読解力が乏しく、一度読んだくらいでは理解出来ない人なので何度も読まないとダメなのですよ、私は。
まだまだ修正をかけるそうですが面白い作品になりそうです。
個人的に好きな系統の作品ですな。

次回は27日の日曜日で集合時間は朝9時。
裏方での参加になりますが面白くなってきました。
公民館を出てからNリンから来年の「アレ」について某氏からの伝言を受け取りました。
来年もやるならば当然参加しますとも( ̄ー ̄)ニヤリ

あと、今日の集まりの時に先月、境港市民会館で上演した母校の舞台写真をKさんに預けました。
同期のY氏から預かっていたのでね。
MノリやAちゃんは最近ここを見てるのかな??
おそらくKさんから顧問のT先生を経由してになりそうだけども、写真を受け取って下さいな。
[PR]
by csb-01 | 2009-12-21 23:58 | 稽古日記
コミュニケーションワークショップ&第2回指導者養成講座
鳥取県文化振興財団主催のワークショップに朝から参加して来ました。

午前10時から午後4時までがコミュニケーションワークショップで午後6時から午後9時までが指導者養成講座でした。
どちらも講師は「演劇集団 風」の西垣耕造さんです。

主としては夜からの指導者養成講座が私の場合はメインなのですが、コミュニケーションワークショップの内容と連動しているので両方参加。
コミュニケーションワークショップには日野町のミュージカルに参加した高校生のT君と高校の演劇部時代の同級生S嬢の愛娘のHちゃんも参加。
T君は来年も日野町でやりたいということでいろいろ勉強したい気持ちを持っていたので誘い、Hちゃんは来年、日野町でやりたいと言ってくれているのと将来的に高校でも演劇をやる気持ちを持っているので最初のスタートとしてこの講座を受けるのが良いだろうということで誘いました。

コミュニケーションワークショップではゲーム感覚で楽しくやれるものをいくつか行ないました。
相手をしっかり受け止めるものや相手との距離感を取るもの、集団での空間を皆で創る事など...子供から大人まで楽しくやれました。
中でも午後からやったテーマに沿ってある言葉を喋って演技をしながら椅子取りゲームをするのは楽しかった。
いくつかの事を同時進行でやりながら周囲の状況をきちんと幅広い視野で確認し、自分のポジションを確保するのが主旨なのだけれども、意外と難しいのですよ。

他にもいろいろとやりましたが来年の日野町で子供達の訓練として使えるものもあり、とても良かったです。

夜からは第2回目となる指導者養成講座。
昼間に行なったコミュニケーションワークショップの内容についてその目的や主旨について細かい説明や集団で出来るワークショップについての説明と実技、そして、今、指導する立場での疑問点についての質問等....盛り沢山でした。
この夜の講座は日野町で指導する立場にある私にとってとても有意義なものでした。
講師の西垣さんが自身が構成演出された子供達のミュージカルの事についてお話しをされた内容は自分や一緒に日野町でやっているN君にとって心に沁みるものでした。
今、日野町で子供達に対して....良い芝居を創っていくという事はもちろんですがそれ以上に演劇を通じていろいろな事を自分から感じて学んでいって欲しいという気持ちで私は取り組んでいます。
西垣さんはただ良い芝居を創るだけでは自分の負けで出来る限りワークショップをやっていろいろな事を感じて学んでくれる子になって欲しいという気持ちで取り組んでいたということを話されて、その話しを聞いた時にとても嬉しい気持ちになりました。

稽古期間において稽古が上手くいかなったり、子供達への対応について自分のやり方は間違っているのだろうかと疑心暗鬼になることが多々あります。
時として出口の見えない迷路に入り込んだ状態になり、精神的にも辛く、もがき苦しむ事も....
西垣さんの話しを聞けた事で自分がやって来た事は間違いではなかったという確信が得られたのがとにかく嬉しかった。

この先の自分の演劇人生においては自分がやりたい芝居をやるという事よりもこれからの鳥取県の演劇界を支えてくれる若い世代の育成と演劇を通じて色々な事に興味を持ってくれる人材の育成に力を入れたいと思ってます。
もちろん芝居をするということはしますよ。
でも、若い世代の育成という事は物凄く大変な事です。
精神的には結構タフなつもりですがそれでも辛いことやしんどいことが正直多い。
そうすることを選んだ以上は避けることが出来ないわけですが、もっといろいろなことを勉強していかなければと改めてそう思いました。
来月の第3回の講座も非常に楽しみです。


さて、最後に話は変わりますが....

夜の講座に参加していた市内某劇団の代表(で良かったっけ?)で3月の財団の舞台の原作を書いたS氏から3月に予定している2人芝居を手伝ってよと言われました。
一緒に講座に参加していた大女優氏からも「稽古に来てよ」と言われ、この際なので参加する方向で。
芝居終わると暫らく休みたいと思うのだけども、1週間もすると芝居やりたくなる病が発症してしまうのですよ。
カンペイちゃんじゃないけど「止まると死ぬのじゃ~~」という感じで(笑)
芝居で動いていないとダメみたいです、私の場合。
日野町が動き出すのは5月からなので全然問題なしだし、母校の演劇部第4顧問のK先生も参加されるしね。
特にK先生とは一度同じ舞台をやりたいと前々から思っていたのですよ。
それにこの時期から春にかけてがそれこそ自分のやりたい芝居が出来る時期なのでね。
明日、集まりがあるそうなので早速顔を出しに行く事になりますね。
[PR]
by csb-01 | 2009-12-20 23:59 | 稽古日記
稽古場日記2009(12月14日)
今日は母校の練習の方へ行きました。

中国大会が終わり、お疲れさんというのもあって差し入れ持参で行きました。
今日来ていたのは1年生全員と2年生は貞子とゆりっぺ、3年生はF嬢。

中国大会で審査員の講評で基礎力が足りないと言われていたので基礎練習をやりました。

アップをしてからいつもやっている呼吸をしてからこれまでやっていないステップを踏みながらの呼吸をやる。
そんなに難しくないはずだが、うまく出来ない子もチラホラ。
あとは発声をやりましたが、長音をする際に口の開きと表情筋の動きを確認。
これらを説明しながら1人1人時間をかけてやらせてみた。
すんなり良い感じになる子もいれば、出来ない子も。
Sッキー、C坊は比較的良かったね。
普段意識してやらんだろうからすぐには無理かな。
これを意識して上手く出来るようになるとかなり変わってくるのだがね。

とにかく声がしっかりと出せない事には話しにならん。
出せるだけの基礎体力は充分ついてるはずだから出せなくはないのだろうがまだ出し方が分かっていない。
こればかりは各自の意識の持ち方次第だな。
下手すると来年入って来る1年生の方がすんなりと覚えてしまうという可能性もあるわけで早くマスターして貰わないとね。

発声中心の練習を午後5時半くらいまでやり終了。
差し入れで持って来たドーナツを皆で食べました。
そんでもって部員から中国大会のお土産を貰いました。
岡山名物のアレと携帯のストラップ。
ストラップはなかなか面白いのだったので気に入ったよ。
早速携帯の装着したよ。
ありがとう!!

あと顧問のT先生からは中国大会の母校の舞台と島根県代表で全国大会出場を決めた三刀屋高校の舞台のDVDを頂きました。
今から早速観てみる事にします。
[PR]
by csb-01 | 2009-12-14 21:59 | 稽古日記
稽古場日記2009(11月26日)
今日は午前中に市内の仕事を片付けてから午後1時に母校へ。

期末テストに入り午前中で学校が終わるので午後から夕方まで稽古をすることになった。
部員達は明日から中国大会の為に倉敷へ出発するので今日が最後の稽古。
なので時間を作って見る事にしたのだ。
同期のY氏も都合がついたので一緒に行く。

練習場に行ったら明日からの予定の確認等の打ち合わせをしてました。

打ち合わせが終わったところでアップを開始。
指揮しながら一緒にやり、その後部員達には呼吸と発声を。
一通り基礎練習をさせてから通し稽古へ。
時間を計りながら通し稽古を開始。

約1時間後、通し稽古終了。
通し稽古終わってすぐに発した第一声は...



かったるくてつまらんわ!



集中力が切れていて全体的にダラ~っとした感があり、台詞も動きも全て段取り臭くて表現も中途半端。
通しの時間は56分だったが2時間近くかかったんじゃないと思うくらい長く感じた。
部分的にどうこういう感じではなく、今まで見た中でもかなり悪かった。
テスト期間中ということもあって集中力が削がれているのもあるだろうが、ちょっと酷かったね。

まずは個別のダメ出しをした。
Nっつん、Mノリの2名に関してはかなりキツく言った。
役者がアレをやっちゃいかんでしょ。
これをやるのは役者としては最低の事だ!と今回ばかりは言わなあかんかったわ。
個別のダメ出しをしてから今日の通し稽古で特に目に付いた箇所をやる。

Nっつん絡みとMノリ絡みの場所がメイン。

Nっつんはそれでも以前に比べれば上達してる。
根本的な問題もあったのだが、それがかなり改善されて確実に良くなっているがいかんせん感情が動かない。
感情が動かないから台詞が全て流れてしまう。
本人には自覚がないが「早く済ませたい」という深層意識がある。
特に気になった部分を何回もやらせた。
とりあえずはある程度良くなったが、これが本番まで持続するかどうかだな。

Nっつん絡みでSッキーとC坊の直しも同時進行でやる。
Sッキーは上手くなっているのだが、ソツなくこなす感じになってしまっていて印象が薄くなっている。
この原因は属に言う「ナチュラル」な喋り方という名の感情の変化がない喋り方。
役者をする時にこの手の喋り方をする人間を1人知っているがどんな場面でも同じだし、相手の感情を受けて返すにも全て同じになってしまい、相手とのやり取りの面白さを潰す。まぁ、その人間は相手の感情を受けている感じもなかったけどね。
以前に主役級の役をやっている芝居を見たがはっきり言って芝居をつまらなくしていた(まぁ、基礎練習をしているところをかつて見た事がないのでそれ以前の問題なのだが)
Sッキーにはその傾向が見られるのでもっとおおげさな感じになるくらいにやるように意識させて感情の落差をつけるようにさせた。
あとは身体の向きが後方に向く癖があるので前方へ意識させるようにした。
時間があまりなかったが良い感じになった。
何だかんだ言ってもセンスは良いからねぇ。

そんでもってMノリは中盤部分を中心に見る。
基本的に表情がない。
これは今のヘアスタイルにも問題があるのだが、顔が髪で隠れてしまい表情が見えない。
本番の時には顔がきちんと見えるようにすることを念押ししておいた。
演技面に関しては言葉で感情を伝える部分はもちろんだがそれよりも表情で感情を伝える部分を重視。
何度か反復でやらせたらある程度形になった....と思ったら今度は動きが段取りになってしまったのでそれを直す。
最後はアクションシーン(?)の動きの直し。
動きが小さいので大きく動くように注意する。
時間がなくてポチが出来なかったがポチ以外がとにかく気になっていたので一気に見れたのは良し。
あとは本番で弾けられるかどうかだな。

今日で中国大会までの稽古を見るのは終了。
よく頑張ってくれました。
西部地区大会に特別参加した事が縁で練習を見る事になったのだが、これがきっかけで色々な事が起こった。
21年前の自分達の世代は部員からの要望でメイク用品一式や工具といったものを寄付。
私の2つ上の先輩(息子さんは母校の現役学生)は部員達へのお祝いで金一封。
そして、今日聞かされて驚いたのは31年前の中国大会出場世代の先輩方からも演劇部に寄付をして頂いたという...
演劇部の今の年間の部費は自分達の頃の半分の金額で某高校もほぼ同じくらい。
芝居をするのにはやはりお金はかかるがお金をかけずにやるには知恵と創造力が必要。
しかし、知恵と創造力があってもある程度のお金はやはり必要となる。
おそらく部費が足りなくなった高校は自分達でいくらかずつ集めたり、場合によっては顧問が自腹切ったりしているだろう。
母校の部員達には有効的な使い方をして欲しいかな。
後々残るものを作ったり、買ったりするのに使って下さい。

それよりも今は....

中国大会頑張って来い!
[PR]
by csb-01 | 2009-11-26 22:24 | 稽古日記
稽古場日記2009(11月22日)
今日の午後1時半からの昼公演と午後6時からの夜公演が無事終了しました。

これを書いている今、正直なところ肩、腰、足といった身体のあちこちが痛いです。
年甲斐もなく、後先考えずにかなりムチャしました。
でも全然後悔なんかしてなくて、むしろ心地よいくらいです。

とにかく良い公演でした。
役者兼演出助手としては最後の仕事として、本番で子供達のリアルな感情をいかに引き出すか....自分の演技をしっかりやるのと並行してこの事に全てを賭けていたと言っても良いくらいです。
「子供」としてではなく、1人の「役者」として子供達と向き合いました。
大袈裟かもしれませんが一緒にステージに立っていた十数名の子供達の感情を動かす為に全身全霊で役者としての自分の感情をぶつけました。
そして、子供達はそれに応えてくれました。

悪人(自分の役)から辛い仕打ちを受けて、仲間の1人がムチで打たれて死んでしまい悲しみに暮れるシーンではステージにいる子供達はリアルな感情が湧き出して舞台上で本気で泣いてました。
この半年間の稽古で子供達がここまでの事が出来るようになった事が本当に嬉しかった。
昨年以上に稽古期間はしんどい事が多かったのですが、これを見せてくれた事でこれまでの苦労が全て報われた気がしました。

とりあえず今は少し休みたいかな。
それこそ明日は疲れを取る為に自宅でのんびりと過ごします。

皆、本当によく頑張ってくれました。
お疲れ様~!!!
[PR]
by csb-01 | 2009-11-22 23:59 | 稽古日記
稽古場日記2009(11月21日)
今日は午前中は母校の稽古へ。

Sッキーは基本土曜日は欠席でC坊は〇〇の全国大会だったが熱出してダウンしたらしい(おいおい!)
Mノリは昨日から急な腹痛で欠席(腸感冒か?)
で、Nっつんは欠席のはずではないが来ていない。

とりあえずある程度人数揃ったのでアップと腹式呼吸、発声練習をしてから稽古開始。
稽古中にF嬢がNっつんの家に電話したらまだ寝ていたらしい。

F嬢の「早く来ないと塩漬けにしてベーコンにするよ!!」との声に電話後、すぐにやって来た。

稽古箇所は後半部分。
さながら不思議ちゃん改め貞子の苦手な台詞の特訓をするはずが....その前にYっぺの演技が気になってその直しをする。
上手くいかず何度も繰り返しさせたが最後には良い感じになり、一安心。

そして、貞子の苦手な台詞。
滑舌悪いわ、目線が挙動不審になるわ、口は開かないわでダメ出しのオンパレード。
それでも何とか形にして最後までやる。
そんな中で貞子のような動きで全員爆笑させてしまっちゃったわけですね、不思議ちゃんは。(一体どんな場面だ)
あまりにもインパクト大で笑いのツボに刺さったので(顧問のT先生も腹抱えて大笑い)これからは貞子と呼ぶことに決定(爆)

徐々に部員達の演技の引き出しが増えていっているので良い感じだ。
あとはC坊とMノリだな。
どっちもどっちなのだが、この2人がどれだけ出来るようになるかだ。
今度行く時は2人共、猛特訓するから覚悟しておきなさい!!

昼に一旦自宅に戻り、お昼ごはんを食べてから少し仮眠を取り、午後3時前に自宅を出発。

日野町のホールへ行きました。
今日はいよいよミュージカルの本番前日のゲネ。
おにぎり等を保護者の方が用意して下さったのでそれを少し食べてから着替え。
ゲネが始まる前に演出家から呼び止められた。
何かなぁ?と思っていたら役柄的に生やした方が良いだろうということで生やしていた髭を剃って貰った方が良いかなぁという事だ。
昨日の通し稽古を見た時にやはりインパクトが強すぎると感じたそうだ。
元々存在感が大きいのもあるらしい。
まぁ、存在感がないよりはマシなのだが微妙な感じだよね。
子供達にはほとんど伝えてないから明日の朝、ホールに行ったらビックリするだろうな。

通し稽古は本番同様に音響と照明も入った。
照明や音響入ると子供達も気合いが入るようでこれまでもっとやってくれれば良いのにと思っていた子がいきなり化けた。
テンポも良い感じで通しの時間もまずまず。
最後に演出から少しダメ出しがあり、それを聞く。
私に出されたのは殺陣の時の最初のエリアの位置をもう少し前面でという事ぐらいか。

今日のゲネをやって嬉しかった事もあった。

普段の稽古から小学生相手だろうが中学生相手だろうが演技をする時には常に本番と思って本気でやっている。
さらには子供達の感情を動かす為に自分の役のその場面場面における感情を最大限ぶつけている。
その感情を受け取って必死になって返して来る子はもちろんいるが、稽古期間中、返して来ない子もいた。
ところが今日のゲネで初めて感情が動き、自分がぶつけた感情を受け止めて返してくれた。
それによって動きが変わり、少々演技がやりにくかったというのがあったが、そんな事はどうでも良かった。
とにかくその子自身の感情をぶつけて来てくれた事が嬉しくて、本番の時に動きが変わっても自分がそれに合わせて動くからとにかく今日の感じを忘れないように思い切りやるんだよと伝えた。

あとは昨日の稽古終わった時に少しステージで練習させたHちゃん。
今日のゲネでは昨日練習した台詞をとても良い感じで喋っていた。
稽古終わってから「良かったよ。」と話したらその子のお母さんが「昨晩、稽古後に家で特訓したんですよ。涙流しながら何度も練習したんですよ。」と言っていた。
うん、家での猛練習の成果は出てたよ。




稽古量は嘘をつかない




これ、私の持論です。
とにかく今日のゲネは本当に収穫が多かった。
明日はいよいよ本番。
昼と夜の2回公演です。
明日は精一杯頑張りまーす。
[PR]
by csb-01 | 2009-11-21 23:59 | 稽古日記
稽古場日記2009(11月20日)
今日は日野町のホールに午後6時集合。
いつもより30分早い集合時間です。
ホールに着いたのは午後5時半で結局いつも通り稽古開始30分前。
練習時間優先指令が出されていて子供達の基礎練習は今は短縮しているのだが、自分の場合、やる事はやっておかないといかんというので30分早く来てガッツリとやるわけです。
アップをして身体を十分に解したところで衣装に着替えて準備。
午後6時に子供達も続々とやって来て衣装に着替え、午後6時15分にリハーサル室へ全員連れて行き、軽いストレッチと発声練習。

午後6時半前にステージへ行って、午後6時40分から通し稽古開始。

今日は鹿児島から来られた舞台監督さんらスタッフの皆さんに流れを確認して貰う為の通し稽古。
子供達は火、水の稽古の時よりはテンションも上がっていたが個人差が大きかったな。
テンションもさることながら気持ちがしっかり入っていた子とそうでない子との差がかなりあった感じだ。
全体的には上がっているのだがそれでもまだまだ。
気持ちがしっかり入っていた子はそれこそ練習の時では見せた事がないくらい伝わって来るものがあった。

基本的に私やN君と台詞のやり取りがある子は軒並み良い感じだった。
稽古の時から今自分が出している感情に対抗するだけの感情を出さないと芝居が成立しないよと言っていただけにそれはしっかりとやってくれてましたね。

まぁ、子供達はさておいて...自分の方を何とかしないとなぁというのが今日の通し稽古での感想。
鬼門となるのが1幕3場。
どうしてもアレが上手くいかんのだなぁ。
そんでもって台詞を言うタイミングを逸してしまうし....共演者のKさんがアドリブで小芝居をやるんだけども、今日の通し稽古では『小芝居禁止!!!』と釘を刺しておいた。
でも、やりそうな雰囲気だったなぁ(汗)
本番ではやるかもと恐ろしい事を言っていたが、その場面が妙に安っぽくなってしまうので宣告しておきます。





小芝居禁止!!





そこ以外はまずまずではなかったかなとは思うが、それでも納得出来る感じではなかったな。
明日のゲネで最終的な確認をしつつ、完全に演技を固めて万全の状態で挑みたいと思います。

稽古後、この前の稽古で演技の事を来たHちゃんが最後の台詞の事で質問しに来た。
「台詞が早いですか?」と聞いて来て、どうも自分では分からないから確認したかったみたいだ。
少し台詞が早かったのと、口が開いていないから声があまり飛んでなくて小さいよと伝えた。
アドバイスとして口を意識的にはっきりと開けて喋る事と喋る際に丹田(ヘソから大体10cmくらい下)に力を入れるように言った。
力を入れてもあまり入れ過ぎると身体全体が固くなって声が出にくくなるから丹田にだけ力を入れる感じでやる事と喋る時にアゴが少し前に出るのが気になったのでアゴを少し引くようにアドバイスも。
その場でその台詞を喋らせたら少し良くなったのでその感覚を忘れずにもう少し頑張って声を出す事と本番ではテンションが上がって絶対台詞が早くなるから意識的にゆっくり過ぎるくらいかもというくらいで喋る事を伝えて終了。

着替えてホワイエに言ったら主役の中3男の子がいたのでちょっと気になったところだけN君と実際に手本を見せて確認させた。

さぁ、いよいよ明日はゲネだ。
照明、音響がガッツリ入るのだがどういう仕上がりになることやら。
最終調整をしっかりやって本番を迎えられるようにしたいね。

明日は午後4時集合だ。
午前中は空いているので母校の稽古へ出向く予定。
帰りにホールの人から頼まれた買物をし、午後3時半くらいにホールへ行くようにしようかなと思っている。
[PR]
by csb-01 | 2009-11-20 23:41 | 稽古日記
稽古場日記2009(11月19日)
今日は母校の方の練習に顔を出す。

午後4時前に練習開場に行ったら入り口でSッキー、Mノリとばったり鉢合わせ。
Mノリはいきなり笑い出して気でも狂ったのか?と思ったが...

普段の稽古でもそれくらい声を出して欲しいんですけど!!

しばらくMノリは笑いのツボに完全にヤラれたらしくケタケタと笑っていたが、それを冷ややかな目で見つめるSッキーが印象的でしたな。

顧問のT先生が遅れて来られるのは分かっていたのでウォーミングアップで変則ステップ。
それをやらせてから発声練習でまずは指差し1音反復。
ゆっくりスタートさせて途中からスピードアップしていき、最後は最速で。
その後、指差し2本でやらせるがこれはやはりまだ出来ないなぁ。
これが途中で止まる事無く出来るようになって欲しいのだがね。
発声練習ではあるが発声練習をしながら複数の事を同時する為のトレーニング。
ある程度の集中力が必要なのだがね。

これをやっている時に第4顧問のK先生が来られる。

ここから芝居の練習へ突入。
ここ数日、部員達を見て頂いていたようでその成果を見てみる。
Nっつんの逃げ癖がかなり改善されていて、印象が少し変わる。
C坊は相変わらず感情が動いておらず棒読み。
Yっぺは邪道外道コンビや他の主軸メンバーと比べると印象が薄い。
Sッキーは姿勢が少し悪く、全体的にソツなくという感じで少し崩したい。

K先生と一緒に一気に手を入れてみました。

K先生は邪道外道コンビの気になるところも見ていらしてました。
途中、塾の為にMノリは早退。
帰る前に「1発ポチやれ!」とやらせてみるが....元に戻っとるし。
他の子の演技を見てキャハハ♪と笑っとる場合じゃないぞ。

全体的にこの前来た時からかなり進歩し、良くなりました。
Nっつんの逃げ癖がなくなり、芯がしっかりして来た。
リアクションで少々省エネが見られるが「動け!!」と言っておいた。
Nっつんが良くなったおかげでSッキーとのパワーバランスも取れて来た感じである。
そして、今日一番の収穫はYっぺですな。
キャラを少し変えたのですがこれが良い方向に行き、全体が引き締まった感じ。
そんでもって邪道外道コンビ....さらにパワーアップして本番を倉敷まで観に行きたいわ(笑)

先日の境港市民会館での公演を観た友人、知人関係から指摘された部分の修正がある程度出来たので県大会よりも間違いなく良くなった。
演技の方を見始めてから約1ヶ月くらいになるが、驚くくらい上手くなってる。
まだまだ伸びそうだから楽しみだわ。
[PR]
by csb-01 | 2009-11-19 23:59 | 稽古日記
稽古場日記2009(11月17日)
今日も午後6時半から日野町のホールで稽古。

午後5時40分にホール下の図書館に行くと何やらまたまた大変な事が。
沈静化したと思われたインフルエンザの猛威が再びカムバーーーック!!(戻って来んでもええわ!)
今日の練習について話し合いを持ち、マスク着用での稽古となる。

2幕の通し稽古で実質的に直したり出来るのも今日が最後になる。従って本番同様に稽古をしたかったのでマスク着用は本来ならば承服出来んのだが、断腸の思いで承諾。
一難去ると二難くらいやってくるのはなぜだ??

午後6時になったところでホールへ行き、新人君と一緒にアップをする。
もちろんマスク着用だが、アップする時にマスクを着用すると軽く負荷がかかるので実は心肺機能も鍛えられる??
午後6時半になってから全員ステージに上げて軽くウォーミングアップ。
変則ステップで右に左に動かせて身体を解してから発声練習。

発声練習終わってから午後7時までの間、各自で準備や確認。
通し前に本番同様にやるように言って、午後7時になったと同時に2幕の通し稽古スタート。
今日は自分の役者としての出番は少ないので完全に演出モードで。
自分の出番の直前まで細かくチェック。
午後8時6分に2幕の通し稽古終了。
出来は悪くはないが良くもなくといった感じ。
ただし、昨日よりは良かったように思う。

ダメ出しをする前に子供達に本番同様に一生懸命やったと自信を持って言える子は手を挙げてと言った。

え~~っと、全員挙げてるんですが....(汗)
まぁ、大体半分くらいでしょうね。
本気で気合い入れてやっていた子は。
質問した際にすぐさま手を挙げた子が1/3くらいでこれはほぼ間違いなく気合い入れてやってた子。
一生懸命やっていたけども、台詞を間違えたり噛んだりして手を挙げるのを躊躇した子が少々といった感じ。
しかしまぁ、周りを見て手を挙げるのは何とかならんか??自信持たんかい!!

この後、ダメ出し。
基本的に全員で言う台詞が弱い。
他人任せだったり、躊躇したりでその前後の単独の台詞の方が強い。
子供達に無理に合わせようとする必要はないことを伝えた。
何よりもその場にいる全員の意思統一や決意といったことを明確にする事が重要だからしっかりと言いなさい!と。
全体的に通しにも慣れて来てはいるんだけども、慣れる事によって演技が段取りになって来てしまっているのであくまでも気持ち先行で演技をするように伝えた。
特に中3の男の子の演技は今日は特に段取りになっていたので彼には念を押しておいた。

今日の稽古ではまだ気になるところはあるけれども、昨日注意した事をしっかりやってくれた子もいた。
昨日質問して来たHちゃんは日曜日の稽古の時に気持ちを作って演技をするように言った2幕のところを今日はきちんと気持ちを作って演技をやっていた。
ちょっとした事なのだけども、『心』や『気持ち』の部分が少し変わるだけで演技の質が大きく変わる。
特に自己主張する子ではないのだが、実は自分が子供達に言う事をしっかり理解して、それを実践してくれている。
控え目な性格なんだけども芯はしっかりと持っている。
個人的には来年以降、主役クラスをやらせたい子なんだよね。

そんなこんなで稽古は無事終了。
稽古後は大人のダメ出し。
N君は長台詞が今日はイマイチで言い方を変えた感じだったので変えた真意を聞いてみる。
いろいろと説明を受けて真意が分かったが、変えた事によって感情が伝わりにくくなった感じがあったのでそれを伝えて、こうした方が良いだろうというのをいくつか出した。
おそらく金曜日にはきちんとした形にしてくれるでしょう。

さて、明日は稽古はお休み。
明後日からいよいよ本番モード。
金曜日は照明、音響合わせた通し稽古で前日の土曜日はゲネ。
そして、日曜日は本番!!
去年に比べて今年の稽古期間の半年は早かったなぁ。
今日の稽古で演出助手としての仕事は終了。
子供達から質問が来ればそれに答えることはするけれども、完全に役者モードに入ります。
いよいよだ!!
[PR]
by csb-01 | 2009-11-18 23:46 | 稽古日記


by csb-01
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
掲示板
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧